企画屋かざあな(所在:東京都港区、運営:スタイルプラス株式会社)は、水上製本所(所在:埼玉県川越市、運営:株式会社ジーブック)と共に制作してきた和紙ノート「UKIE」を、昨年末よりパリの店舗COOL JAPANにおいて試験販売を実施してきました。アンケート調査から使用感触やデザイン性に評価を得られたことから、この度2020年2月20日より、パリで正式に販売を開始いたします。

日々の思いついた“発想”や、他の人からえた情報での“気づき”を大切にしてほしい。

和紙ノート「UKIE」は、和紙に市松模様を透かしたカタチで入れた市松罫(商標登録申請中)の目盛りで、書いた字や絵が浮き上がるようにきれいに見えます。市松罫は書いた字や絵を邪魔しない目盛りで、思いついたアイディアや企画を感性的に使えるようにという想いから制作しました。市松模様=チェック模様はヨーロッパでも、モノやデザインを正確に確認するためにモノの下に置くチェッカーボードに使われています。

市松罫(商標登録申請中)

和紙は保存性が高く、感性を刺激するような書き心地を与え、今回本文に使用している鳥取県の和紙は、とくに万年筆と相性がよいです。見開きにした状態でも段差ができない水上製本所の製本方法(特許出願中)で作られています。

表紙・裏表紙は埼玉県比企郡小川町で手漉きされた和紙で、乾燥の際に板を使うことで木目が残った畳紙(タトウ紙)を採用しソフトな風合いに仕上げました。和紙ノートの役割としている感性に響くナチュラル感を大切にしています。

和紙ノート「UKIE」に字や絵を書くことで発想や想いが高まる一助になればと考えています。

■商品概要・販売先
商品名 :和紙ノート「UKIE」
サイズ :A5
表紙仕様:畳紙(タトウ紙)
販売場所:COOL JAPAN
     45 rue Sainte-Anne 75001 PARIS
     ( https://hazama.shop/destination-de-vente/ )

“書いた字が浮いてきれいに見える市松罫の和紙ノート「UKIE」。パリで正式販売開始。” への 2 件のフィードバック

  1. 白岩みゆき より:

    日本ではどこで購入できますか?

  2. 企画屋 川口洋一郎 より:

    コメントありがとうございます。
    本商品はフランスの方に対して商品企画をしたもので、現在はパリでしか販売しておらず日本では提供していない状況です。
    ただ、この新型コロナウィルスの影響でパリのお店も閉まっており商品が販売できていないため、和紙職人さんの生活も苦しい状況になってしまいます。
    大量販売できるような商品ではないため、提供方法などを検討しておりますので少々お待ちいただけたらと思います。
    どうぞ宜しくお願いします。

企画屋 川口洋一郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です