本サイト及びプロジェクトを運営する企画屋かざあなは、これまで実施してきたさまざまなプロジェクトやアーティストとのコラボレーションから生まれた作品等を展示する「kazaana2021展」を10月30日(土)・31日(日)に東京都渋谷区の裏参道ガーデンにて開催いたします。

企画屋かざあなでは、和の魅力を次世代、世界に発信するため「本場奄美大島紬×Art」「わしのねり」など、さまざまなプロジェクトに取り組んでまいりました。

本展示会では、伝統工芸とアーティストのコラボレーションから生まれた作品の展示のほか、各プロジェクトに携わる方を招いた講演やワークショップ、各プロジェクトでの開発商品の販売等を実施いたします。

 

需要の落ち込みや後継者不足といった慢性的な課題を抱えていた日本各地の伝統工芸の中には、新型コロナウイルスの影響により、存続の危機にさらされているものも多くあります。企画屋かざあなの活動が和の魅力を次世代、世界へ伝えていく一助になればと願っています。

 

伝統工芸の職人や参加アーティストの想いに直接触れていただく貴重な機会に、どうぞ足をお運びください。

ご来場をお待ちしております。

 

開催概要

開催日時 : 2021年10月30・31日(土・日)
10:00〜18:00(日曜日は17:00まで)

開催内容 :
■わしのねりプロジェクト
市松罫アーティスト作品展示

■本場奄美大島紬×Artプロジェクト
本場奄美大島紬アーティスト作品展示

■各プロジェクト講演(現地よりライブ配信)

■体験
市松罫商品試し書き
本場奄美大島紬織機展示
和紙泥染めアートボードワークショップ(11時・13時・15時/参加費1,500円/人・各時間3〜5名)

※先着順受付。参加申込みが多い場合はキャンセル待ちとなります。参加確定のメールを事務局より
お送りいたします。
※材料費込み・お支払いは当日となりますので、お釣りのないようご用意をお願いします。
※ワークショップ参加申込は最下部フォームより登録ください。

■関連商品販売

開催場所 : 裏参道ガーデン


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目15−2
東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線『表参道』駅徒歩7分

 

<講演>

■ わしのねり寄合
プロジェクトメンバーが語る和紙の魅力

10/30(土)11:00〜12:00
出演予定:番頭 川口・水上製本所 水上・アーティスト
公開場所:YOUTUBE番組企画屋かざあな

■本場奄美大島紬×Art
参加アーティスト・生産者と語る

10/31(日)10:00〜11:00
出演予定:番頭 川口・本場奄美大島紬NEXTプロジェクト 南晋吾・元允謙
公開場所:YOUTUBE番組企画屋かざあな

 

<展示アーティスト>

・市松罫の和紙

丁子 紅子:
1991年1月24埼玉県大宮出身
現代童画会 委員
大宮光陵高等学校美術科卒業
女子美術大学絵画学科日本画専攻卒業

川口 絵里衣:
1990年、青森県むつ市出身
アパレルファッションデザイナーを経て、
イラストレーター·ペン画家として活動開始。
ハイテックペン·鉛筆を主に、人物·模様·動物等を繊細に描く。
2017年より、青森県むつ市の「元気むつ市応援隊応援プロデューサー」に就任。

 

・本場奄美大島紬

lilly(鈴蘭):
今村恵理(東京音楽大学卒業後、ウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む傍ら、ウィーン音楽院教育課程にて自身が開発した教育メソッドが最高位の成績で取得)
小村典子(神戸女学院大学音楽学部声楽専攻卒業後、ウィーンのJam Music Lab private University ミュージカル科留学)

大山 友紀:
01 DESIGN BASE 代表
一級建築士、フォトグラファー、プロダクトデザイナー。
人間工学に基づいて一人ひとりの動きに合わせたデザインを建築からプロダクト、デザインに関わる全てのモノコトをデザイン。

元 允謙:
染織家/はじめ商事
本場大島紬染色部門伝統工芸士
奄美大島にある大島紬の織元の家に生まれ、「奄美の伝統と技術で新しい物創り」をテーマに製作活動。

浜田 浩之:
神奈川県出身
京都造形芸術大学デザイン科情報デザインコース卒業。
印刷物のデザイン職、視覚障害者福祉施設職員を経て、両親の出身地奄美へ移住。
現職、本場奄美大島紬協同組合。

南 晋吾:
夢おりの郷代表取締役
本場大島紬 意匠部門 伝統工芸士
本場奄美大島紬青年部会長
高校から本土に出て大学卒業後呉服店にて約3年小売業・着物全般について学び、26歳から家業の大島紬製造を始める。

和田 徹:
アトリエ・トオルワダ
スイスと日本を拠点とし、様々なジャンルと関わり建築の新しい可能性を生み出すことを志し幅広く活動中。

 

※イベント内容は、状況により変更となる場合がございます。また、密を避けるため入場規制をかける場合がございますのでご了承ください。

 

和紙泥染めアートボードワークショップ参加フォーム