本場奄美大島紬を知る「緻密な模様を編み出す手作業での絣締めと平織り」

本場奄美大島紬の着崩れせず、着込めば着込むほど肌になじむ着心地の良さを実現しているのは、手織りだからと言っても過言ではありません。 ほとんどの工程が手作業の本場奄美大島紬ですが、織物となるために織機を使う2工程があります […]

「用の美」「感の美」をもつ伝統工芸の7つの要素

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたとは言うものの、まだまだ油断はできない状況です。また、今後第二波の到来、他国のように再度外出自粛要請がかかる可能性も多くあります。 外出自粛により国内での人の行き来も少なく […]

西洋女性の解放にもつながった「キモノ・コート」

1800年代の西洋女性がパーティーや食事会に参加するのに、身体のラインを美しく見せるのにコルセットを使用しドレスを着用していました。 コルセットは胸下部より腰にかけてのラインを補正する役割で使われ、紐で締め付けるものです […]

本場奄美大島紬を知る「原材料絹100%」

本場奄美大島紬は絹100%でできています。 逆に絹100%でないと、本場奄美大島紬とは認められません。 絹はシルクとも呼ばれていますが、 蚕の繭から作られる繊維です。 繭は蛾の幼虫が成虫になる時に身を守るために作られます […]

本場奄美大島紬を知る「先染め」

染めには、おおきく「先染め」と「後染め」があります。 「先染め」でみなさんが慣れ親しんでいる生地に、デニムがあります。 また、「後染め」は着物に絵柄を描いていく友禅や、カラーTシャツがあります。   簡単にいう […]

〜南国の日差しから生まれる影美〜本場奄美大島紬

着物のなかでも認知度の高い「大島紬」は、奄美大島(鹿児島県)が本場生産地(発祥の地)とされている絹織物で、本場奄美大島紬(地域団体商標 第5012251号)は奄美群島内の組合員により生産された経済産業大臣指定伝統的工芸品 […]

【香りの世界】日本人に刻まれた香りの歴史

4月18日は「お香の日」というのをご存知でしたか? お香や四季折々の草花の香り、旬の食材の香りなど 古来から香りは日本人の生活を豊かに彩ってきました。 日本にお香が伝えられたのは、飛鳥時代に仏教が伝来した頃だといわれてい […]

アートの世界で伝統工芸が世界的に見直されている

2017年、世界最大のアートフェアの開催地であるスイスのバーゼルに、アートバーゼルの創始者が新たに「バーゼル・トレゾア・コンテンポラリークラフト」という国際クラフトフェアをはじめました。 世界的なアートフェアの開催地に工 […]

古きを知りて新たなものを創造したルネサンス

芸術だけでなく産業にも大きな影響を与えたルネサンス期。 とくにそのなかでも大きな役割を果たしたのがイタリア・フィレンツェのメディチ家。 メディチ家には、別け隔てなくアーティスト、哲学者。エンジニアなど多様な職種が集まり、 […]

「伝統工芸品」って現在何品目あると思いますか?

日本の「伝統工芸品」というと、みなさんはどんなイメージでしょうか。 お土産屋や物産展に出展されている?お土産もの? 美術館や博物館に飾られている?特別なもの? 歴史的なもの?民族衣装や道具? いやいや、いつも食事の際に陶 […]