今回はパリ3区、4区をまたがるお洒落なエリアとして知られるマレ地区にやって来ました。

かつて大昔の13世紀までは沼地(マレ)であり、その後僧侶や騎士団により開墾され人が住めるようになったそうです。15世~18世紀にかけ貴族が住む住居が建てられ、現在も観光の名所としてこういった建築物が多く見られます。その他パリ市庁舎、バスティーユ広場、ヴィクトール ・ユゴーが屋敷を構えていたヴォージュ広場など歴史的な場所や建造物が多く、歴史散策ができる街並みとなっております。またセーヌ川も近く、街並みを見ながら散策するのはとても気持ちが良い場所です。

現在では若者が集まる街として知られ、パリ最先端のトレンドを発信するエリアとなっており、おしゃれなカフェやクリエイターの店、雑貨屋やギャラリー、アンティーク屋さんなど、散策をしているとちょっと足を止めてお店の中に入ってみたくなります。

そんなお洒落なエリアに位置する、JAPAN BLUE PARIS さんに、今回はお話を聞きました。このブティックの周辺も画廊やアンティーク屋さんが多く、お店のすぐ裏には12~ 13世紀ごろ外敵からパリを守る為に建てられた城壁が、高校の運動場の壁として現在も見られます。このブティックで働いている大和田さんにお話を聞きました。

お店の歴史

「「JAPAN BLUE PARIS のオーナー、真鍋 徳(かつ)がパリのお店を開店するまでは、本 社 JAPAN BLUE の世界市場開拓を約 10 年間行っていました。国際展示会などのイベント に参加し、市場調査、卸先開拓などの営業活動を行ってきました。現在はヨーロッパでは 約30か所の拠点で卸を行っています。その活動の末、2016 年パリにブティックを開店する事が出来ました。JAPAN BLUE JEANS MOMOTARO JEANS の商品 に加え、日本の本藍染作品やデニムの着物、羽織、デザイナーによる手作り作品など日本の伝統的な青を 用いた商品を取り扱っております。パリのブティックは真鍋 徳(かつ)社長のもと日本の青 を追求するというコンセプトにおいてパリから日本の青を世界に発信する場になっていま す。」

JANPAN BLUE PARISのお客様は