2020年10月3日(土)川越にある水上製本所にて、「活版印刷へのはじめの一歩勉強会」を開催いたしました。

本勉強会では、活版印刷の仕組みから、実際に企画屋かざあなのカードを活版印刷で作り、各工程において水上さんより解説いただきました。

活版印刷は和紙と相性がよく、ふんわりとした柔らかさのある和紙に活版の圧をかけて字や絵柄を押しこむことで、文字に立体感を生み出します。

この立体感は何年立っても保たれます。その理由はインクにあり、活版印刷をした際に押し込まれたインクが固まることで保たれています。

今回は、活版印刷を身近にしてくれた樹脂板とレタープレスを使って制作しています。

下記リンク先のYoutube企画屋かざあなチャンネルをご視聴ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です