新型コロナウイルスの影響を受ける前からパリの店舗さんと調整していました和紙ノート「UKIE ver.本場奄美大島紬」の販売に向けて本日パリへ出荷いたしました。

今回は少量での販売開始となりますが、お客様からどのような反応を得られるか楽しみです。

本商品は、中身は先行して販売しています畳紙を表紙にした「UKIE」と同じ市松罫のものになります。

表紙・裏表紙が厚紙を採用し本場奄美大島紬を貼り付けたものになり、持ったままでも描けるようなタイプになります。

本場奄美大島紬のしなやかな肌触り感があることから、持ち歩きたくなり、持ったまま描きたくなるようなノートです。

また、本場奄美大島紬の織りの素晴らしさを感じていただけるよう、本場奄美大島紬の糸が巻き付けられており、こんな細い糸で織られていることを実感いただけます。そして、解いた糸はしおりや裁縫にも使えるように案内しております。

和紙と本場奄美大島紬ともに自然の恵みから生み出された素材を使用しており、自然にもやさしくまた、人にもやさしい商品です。

自然の手触り感、描き心地感がまた新たな感性を生み出してくれる一品になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です